診療のご案内

求人のご案内 当院では、受付事務スタッフを募集しております

下肢静脈瘤

セカンドオピニオン外来

在宅医療のご案内

産業医業務について

医療関係者の皆様へ 

当院周辺の風景をご覧頂けます

小石川循環器内科クリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-小石川循環器内科クリニック

胃がんリスクのABC検診

ABC検診で、胃の健康度をチェック!!2つの血液検査の結果から、胃がんのリスクを分類します。

ABC検診は、ヘリコバクターピロリIgG抗体検査でピロリ菌感染の有無およびペプシノゲン検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その二つの結果を組み合わせて胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群の分類します。

胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群に分類します。

検査結果による分類

ABC分類  ヘリコバクターピロリIgG抗体検査
10未満(-) 10以上(+)
ペプシノゲン
検査測定
(-)
(1+)

(3+)

各群の内容

A群 健康的な胃粘膜で、胃疾患の危険性は低いと考えられます。
B群 消化性潰瘍などに留意する必要があります。
C群 胃がんの高危険群と考えられます。
D群 胃がんの、より高危険群と考えられます。

ヘリコバクターピロリIgG抗体検査

胃にピロリ菌が感染していないか調べる検査です。
ピロリ菌は胃粘膜にダメージを与え、さまざまな病気の引き金になると考えられています。

ペプシノゲン検査

胃粘膜の老化(萎縮)の状態を調べる検査で、胃がん検診にも応用されています。
萎縮が進んだ胃は、胃がんになりやすいといわれています。

【注意事項】

  • 以下の場合には正しい結果が得られない可能性がありますので、担当医にご相談願います。
  •  明らかな上部消化器症状があり、胃や十二指腸の疾患が強く疑われる方
  •  食道、胃、十二指腸疾患で治療中の方
  •  胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬)服用中もしくは2ヶ月前以内に服用していた方
  •  胃切除術後の方
  •  腎不全(目安:クレアチニン値が3mg/dl以上)の方
  • 過去にピロリ菌を除菌したことのある方(除菌群=E群)は、A群と判定される可能性がありますが、未感染のA群とは状況が全く異なりますので、注意が必要です。
ページトップへ