診療のご案内

求人のご案内 当院では、受付事務スタッフを募集しております

下肢静脈瘤

セカンドオピニオン外来

在宅医療のご案内

産業医業務について

医療関係者の皆様へ 

当院周辺の風景をご覧頂けます

小石川循環器内科クリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-小石川循環器内科クリニック

予防接種

予防接種を希望される方へ

当院では、各種予防接種を実施しております。尚、予防接種は通常の診療時間で対応しておりますが、事前にお電話にて希望の接種日時をご予約下さいますようお願い致します。

また、予防接種を希望される場合に留意して頂きたい点などを当ホームページにてご紹介しておりますが、この他にも気になる点やご不明な点などがございましたら、予防接種を受けられる前に医師や看護師にお気軽にご相談下さい。


◇ 海外渡航時のワクチン接種について

当院では海外渡航・赴任前の感染症ワクチン接種のご相談を承っております。
とくに東南、南アジアや、アフリカ、南米などへの海外渡航・赴任をされる場合は、 A型肝炎、B型肝炎、狂犬病ワクチンなど渡航前に2回接種が必要なワクチンがありますので少なくとも2~3ヶ月程度の余裕期間をもって計画されることをお勧めいたします。


◇ 予防接種は随時承っております

ご希望の方はまずはお電話(tel:03-6801-8450)にてご予約ください。
なお、予約接種日や価格等は院内担当者までお気軽にお尋ねください。

種類
麻疹ワクチン風疹ワクチン
風疹・麻疹混合(MR)ワクチン水痘ワクチン
おたふくかぜ予防ワクチン破傷風ワクチン
狂犬病ワクチンA型肝炎ワクチン
B型肝炎ワクチン 小児肺炎球菌ワクチン
インフルエンザ菌Hibワクチン4種混合ワクチン
3種混合ワクチン日本脳炎ワクチン
高齢者肺炎球菌ワクチンインフルエンザワクチン

 風疹抗体検査およびワクチン接種の費用助成のご案内

文京区では、先天性風しん症候群対策として、以下の条件を満たしている方に対して、風疹抗体検査および任意のワクチン接種の費用を助成されております。
当院は区内指定医療機関の一つとして、該当者に風疹抗体検査および風疹予防ワクチン接種を行っております。
もしご自分が該当するかわからない場合は、電話にてご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

 期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日まで

 費用

「無料」(対象者1人1回限り)

 助成対象資格者

文京区に住民登録のある満20歳~50歳未満の方で、風疹罹患者、麻疹・風疹混合または風疹ワクチンを2回以上接種済み、および平成25年3月14日以降に予防ワクチン接種済みの方は除外です。

  • ① 妊娠を希望している女性
  • ② 妊娠を希望している女性と同居している方
  • ③ 風疹抗体が低い妊婦と同居している方

◇ 予防接種を受けることができない方

  •  明らかに熱のある方。通常は、37.5℃以上を指します。
  •  重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。
  •  予防接種に含まれる成分によって、アナフィラキシーを起こしたことが明らかな方。
  •  その他、医師が不適当な状態と判断した場合。

インフルエンザについて

インフルエンザは、一般的な風邪症状と違い、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、併せて、喉の痛みや鼻汁などの症状も見られます。
インフルエンザ予防の基本は、ワクチン接種を受けることで、インフルエンザにかかってしまった場合の重症化防止の方法としても有効とされています。

また、インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染するため、インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えることが大切で、特に高齢者の方や慢性疾患を持っている方、疲れがたまっている方、睡眠不足の方は注意が必要です。

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまで約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。毎年の流行期間が12月~3月ですので、12月上旬までに接種されることをお勧め致します。
尚、お子様で2回接種する場合、2回目は1回目から2~4週間あけて接種します。

◇ 2017-18インフルエンザ予防接種

当院のインフルエンザ予防接種対象者は1歳以上になります。
3歳~13歳未満の方は2回接種を行います。
チメロサールフリーのワクチン接種も妊婦他希望者に行っております。

◇ インフルエンザのスピード診断機器を導入しています

AG1
 富士ドライケムIMMUNO AG1

当院では、少ないウイルス量でも感度良く検出できる「インフルエンザ感染迅速検出器」を導入しております。
感染後間もなく診断が難しい方にも有用な検査が出来るようになりました。

陽性判定は最短で3.5分(強陽性の場合)、感染初期のウイルスが少ない場合でも15分程で検査結果が出ます。

従来の検査より早い時期に診断が可能となりましたので、重症化する前に早期治療が可能となりました。

ページトップへ